Posted on

自分にピッタリな方法は?目元の美容整形法

二重整形にはこんなに種類が!

美容整形の中でも「目元」の施術は多くの人に選ばれている方法です。
例えば、二重にする施術法には、埋没法・切開法などがあります。埋没法はまぶたの表面に医療用の細い糸を数箇所縫い付けて希望する二重のラインを作ることができるものです。縫いとめる箇所によって二重の形や費用が異なります。施術時間も短く、傷跡も見えにくいのが特徴です。デメリットとしては、時間が経つと糸が取れやすくなったり伸びてしまう可能性があるという点が挙げられます。
切開法の場合は、まぶたをメスで切開し余分な皮膚や脂肪を取り除くことで二重のラインを作る方法です。この方法は、埋没法よりも長期間二重のラインが崩れないことがメリットですが、皮膚が弱い方などは傷跡が残る可能性があります。

顔の印象を大きく変える「涙袋形成法」

より女性らしい目元にしたい・顔の印象を変えたいといった理由などから、涙袋形成法も選ばれています。
この方法は、下まつげのすぐ下にある部分である「涙袋」に、ふくらみを持たせることができます。
下まぶたには「ヒアルロン酸」「脂肪注入」「切開法」といった方法から選ぶことができます。ヒアルロン酸はアレルギー反応や副作用が少ない素材なので安心して受けられます。
素材を注入することで、若々しく優しい表情にすることができるだけでなく、小じわの解消にもなるので若い方だけでなく、年齢を重ねた方にも適しています。
注射器で注入する際には、麻酔を使用するので施術中に痛みを感じることはありません。
ダウンタイムもほぼないので、プチ整形の1つともいわれています。

品川美容外科の告訴まとめサイト