Posted on

ウェイトトレーニングをしよう!ダイエットでの二つの魅力とは?

有酸素運動の効果を上げる

ダイエットをするときには有酸素運動が必要ということはよく言われていますが、それだけで済ませてしまうよりもウェイトトレーニングを併用した方が効果が上がります。有酸素運動をする前にウェイトトレーニングをするだけで脂肪燃焼を促進することができるからです。ウェイトトレーニングによる大きな負荷の刺激は中枢神経系に働きかけ、成長ホルモンを分泌させる効果があります。成長ホルモンは新陳代謝の向上をもたらすと共に、脂肪を分解してエネルギーにするのを促す作用を持っているのが特徴です。そのため、まずウェイトトレーニングをして成長ホルモンを増やし、それから有酸素運動をすることで効率よく脂肪をエネルギーとして使えるようになります。

リバウンドの防止になる

ウェイトトレーニングをダイエットのときに活用するもう一つの魅力はリバウンドの防止になることです。ダイエットを終えて通常の生活に戻ったときにリバウンドを起こしやすいのは基礎代謝が減ってしまっているのが主な原因として知られています。ダイエットをしたときには筋力が低下してしまうことが多く、体重も減っているのでダイエット前よりもエネルギー消費量が減っているのが一般的です。その状況で以前と同じように食事をして運動もあまりしなくなってしまうと太ることになります。それを防ぐためにウェイトトレーニングをして筋力を維持するように心がけるのが効果的なのです。ダイエットをやめるときにウェイトトレーニングだけでも続けているとリバウンド防止効果も高まります。

ウェイトトレーニングをしよう!ダイエットでの二つの魅力とは?

有酸素運動の効果を上げる

ダイエットをするときには有酸素運動が必要ということはよく言われていますが、それだけで済ませてしまうよりもウェイトトレーニングを併用した方が効果が上がります。有酸素運動をする前にウェイトトレーニングをするだけで脂肪燃焼を促進することができるからです。ウェイトトレーニングによる大きな負荷の刺激は中枢神経系に働きかけ、成長ホルモンを分泌させる効果があります。成長ホルモンは新陳代謝の向上をもたらすと共に、脂肪を分解してエネルギーにするのを促す作用を持っているのが特徴です。そのため、まずウェイトトレーニングをして成長ホルモンを増やし、それから有酸素運動をすることで効率よく脂肪をエネルギーとして使えるようになります。

リバウンドの防止になる

ウェイトトレーニングをダイエットのときに活用するもう一つの魅力はリバウンドの防止になることです。ダイエットを終えて通常の生活に戻ったときにリバウンドを起こしやすいのは基礎代謝が減ってしまっているのが主な原因として知られています。ダイエットをしたときには筋力が低下してしまうことが多く、体重も減っているのでダイエット前よりもエネルギー消費量が減っているのが一般的です。その状況で以前と同じように食事をして運動もあまりしなくなってしまうと太ることになります。それを防ぐためにウェイトトレーニングをして筋力を維持するように心がけるのが効果的なのです。ダイエットをやめるときにウェイトトレーニングだけでも続けているとリバウンド防止効果も高まります。

品川美容外科の2chについて詳しく