Posted on

気が付いたら赤ら顔になってしまった!元に戻せるの?

病気ではないものの気になる!

激しい運動をした直後や恥ずかしい思いをした後は、誰でも顔が赤くなってしまうものです。でも、特に理由がなくても常に顔が赤い人っていますよね。そのような状態のことを赤ら顔と言いますが、これは毛細血管が拡張したことで起こるんですよ。何か重大な疾患があってこのような症状が出ているわけではないので、あまり不安にならないでくださいね。毛細血管拡張症以外で赤ら顔になってしまう場合、考えられるのは皮膚が薄くなっているケースや、皮脂が過剰に分泌されるケースです。食生活が影響している場合は、アルコールや辛い食品の過剰摂取が考えられます。これらは毛細血管を拡張させる効果があるんですよね。同時に血流量の低下も起こしやすいので、いつの間にか赤ら顔になってしまうことに…。辛いものは美容にもいいと言われて女性に人気ですが、食べ過ぎには気を付けましょう。

セルフケアで改善する場合

重症度の赤ら顔は、美容皮膚科で光治療やレーザー治療を受けることでも治せるので、あまり悲観しないでくださいね。軽い赤ら顔ならセルフケア中心に対処しても改善する見込みがあります。セルフケアのコツは、自分の赤ら顔の原因にぴったり合った方法を選ぶこと。例えば間違ったスキンケアで肌が薄くなってしまうなら、基礎化粧品を肌と相性のいいものに切り替えればいいんです。抗炎症作用のある美容成分が入っているものがオススメ。飲酒や喫煙を控えるのも効果的ですよ。肌に負担の大きい洗顔も赤ら顔になりやすいので、ゴシゴシこすらないようにしましょうね。

気が付いたら赤ら顔になってしまった!元に戻せるの?

病気ではないものの気になる!

激しい運動をした直後や恥ずかしい思いをした後は、誰でも顔が赤くなってしまうものです。でも、特に理由がなくても常に顔が赤い人っていますよね。そのような状態のことを赤ら顔と言いますが、これは毛細血管が拡張したことで起こるんですよ。何か重大な疾患があってこのような症状が出ているわけではないので、あまり不安にならないでくださいね。毛細血管拡張症以外で赤ら顔になってしまう場合、考えられるのは皮膚が薄くなっているケースや、皮脂が過剰に分泌されるケースです。食生活が影響している場合は、アルコールや辛い食品の過剰摂取が考えられます。これらは毛細血管を拡張させる効果があるんですよね。同時に血流量の低下も起こしやすいので、いつの間にか赤ら顔になってしまうことに…。辛いものは美容にもいいと言われて女性に人気ですが、食べ過ぎには気を付けましょう。

セルフケアで改善する場合

重症度の赤ら顔は、美容皮膚科で光治療やレーザー治療を受けることでも治せるので、あまり悲観しないでくださいね。軽い赤ら顔ならセルフケア中心に対処しても改善する見込みがあります。セルフケアのコツは、自分の赤ら顔の原因にぴったり合った方法を選ぶこと。例えば間違ったスキンケアで肌が薄くなってしまうなら、基礎化粧品を肌と相性のいいものに切り替えればいいんです。抗炎症作用のある美容成分が入っているものがオススメ。飲酒や喫煙を控えるのも効果的ですよ。肌に負担の大きい洗顔も赤ら顔になりやすいので、ゴシゴシこすらないようにしましょうね。

品川美容外科の訴訟まとめサイト